賃貸物件で起こり得る排水管 水漏れについて

賃貸物件で起こり得る排水管 水漏れについて 賃貸物件で排水管 水漏れが起こると、キッチン、風呂場などを使用できずに生活が不便になるだけでなく、建物、他の住人への被害を与えかねません。例えば、長期間修理することなくそのままでいた場合には、水分が蒸発してしまい室内環境が悪くなります。これによる賃貸物件でのトラブルは、壁にクロスを貼っている場合は、ゴワゴワになってしまいます。壁にカビが発生してしまうと、衛生上悪い環境になります。そのため、アレルギー体質の人にとって負担が大きくなります。修理しようとしても、蝕んでいる状態になると不可能です。これらのトラブルを防ぐために排水管 水漏れの原因と対策を紹介します。

■賃貸物件で排水管 水漏れの原因が経年劣化の場合

排水管 水漏れが起こる原因は、経年劣化に伴う破損です。水を流しているだけなので故障する可能性は低く感じますが、お湯や油汚れなどを流し続けることで、少なからず傷みが生じてしまいます。概ね耐用年数は10年ですが、たとえ耐用年数が相応にある素材及び最新のタイプでも、地震などの外的要因に伴って傷みを生じてしまいます。特に震度が大きい場合では、それだけで破裂してしまいます。冬場の場合は結露が生じ、熱湯をかけることでも傷んでしまうことがあります。
各種トラブルが生じた場合は管理会社への相談が第一ですが、経年劣化による場合は管理責任者の責任です。しかし、必要以上の使用に伴ってのトラブルが生じた場合は自身の責任となる可能性が高いので注意が必要です。

■賃貸物件で排水管 水漏れに伴う生活上のトラブル
賃貸物件で生活するにあたり、何気なく使用していてもトラブルは起こります。しかし、少しでも気にかけて生活することでトラブルを防ぐことが出来ます。その際のポイントを紹介します。
洗濯機を設置している場合は、洗濯機のホースが外れたり破損が起きることが原因です。ホームセンターで機器にあったホースの設置も出来ますが、難しい場合は管理責任者に相談してから対応して下さい。お風呂場、キッチンの場合は、水道を流したままの状態が続くことで、排出が正常に出来なくなることがあります。お風呂場では毎日髪や身体を洗うことで石鹸などの薬剤、髪の毛が流れてしまいます。キッチンの場合は、食べかすや台所洗剤を流すことで詰まりや排水管 水漏れの原因となります。これらが付着を予防するために、定期的に排水管クリーナーを使っての洗浄が必要です。


■賃貸物件で排水管 水漏れに伴う二次被害

賃貸物件で排水管 水漏れを適切な修理をしないで放置してしまうと、二次被害に繋がります。たとえ小さなものでも、放置することは避けた方が良いです。二次被害に伴い、建物の劣化はもちろん被害が大きくなることで家財道具もやられてしまいます。水道代も高騰する場合も考えられるので、経済的な損失も大きいです。近年では給湯器などの電化製品を設置している建物もありますが、漏電事故にも繋がり火事を引き起こしてしまいます。
賃貸物件では、他の住民間トラブルにも発展しかねません。家財道具が濡れてしまったり害虫にやられた場合には、損害賠償を求められるケースがあります。保険対応で経済的な損失は賄えても、取り返しのつかないことになりかねません。日頃から他の住民とのトラブルを防ぐために気をつけて生活しなければいけません。


■まとめ
排水管 水漏れは賃貸物件での生活で起こりうる問題です。耐用年数が相応にあっても、災害だけでなく不適切な使用でトラブルが発生します。毎日使用する水回りも、薬剤、異物を少なからず流しているので、長期間快適に使用する場合は定期的な洗浄が必要です。住民間トラブルを防ぐためにも、気になることがあれば管理責任者に相談をして下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース